常にチャレンジしつづける音楽制作会社です!
どんな名曲も大ヒット曲も、最初は誰かの“My Music”!
ここ“My Music”がわたしたちのスタート地点です!!
プロファイル DISCOGRAPHY ENGLISH

HOME / ディレクターの独り言

192khz24bitでレコーディング中、プレイバックはいつもハイレゾ音源?

スタジオでのレコーディングがいよいよ192khz/24bit(または32bit) が常識となりつつある昨今、「うわあちょっと待てよ」と思うのが、スタジオでのプレイバック時の音と、CD用のTD、マスタリング後の音の違いです。そりゃ演奏家の方々もがっかりするわ。「スタジオで聴いてた音と違いすぎ〜る!」と。上記の数字が44.1khz/16bitに圧縮されるわけですから、当然別物になっちゃいます。けどいちいちプレイバック時にダウンコンバートしてチェックしていたら仕事にならないし。できることといえば、録音終了時にラフミックスをCD-Rにコピーしてお持ち帰りいただき、スタジオの音は忘れてこのRの音が全てだとご自宅で頭に刷り込ませていただくと。そしてTD以降立ち会いをされない方はこうしてTD完パケが上がるのを待っていただきましょう。考えてみるとTDもハイレゾでやるので、立ち会われる方は、TD後に音源をダウンコンバートしたモノ以外の音のことはもう忘れていただくしかないですね、CD制作のことだけ考えると。いかがでしょうか?って、これじゃあ不満解消できないですか。

NAVIGATION

何をお探しですか?

音楽制作

アーティストの作品やCM音源などを中心に幅広いジャンルの音楽のプロデュースに携わっています。 続きを読む

イベント・プランニング

各種コンサート、イベント、セミナーを企画しています。 続きを読む

レーベル&著作権管理

音源コンテンツの販売、流通、配信や音楽出版業務を行なっています。 続きを読む

青山音楽塾

楽器、シーケンサー、音楽理論等のレッスンを行なっています。 続きを読む

ビデオ・クリップ/映像制作

プロモーションビデオ等の動画コンテンツを制作しています。 続きを読む