常にチャレンジしつづける音楽制作会社です!
どんな名曲も大ヒット曲も、最初は誰かの“My Music”!
ここ“My Music”がわたしたちのスタート地点です!!
プロファイル DISCOGRAPHY ENGLISH

プロファイル

『どんな名曲も大ヒット曲も、最初は誰かの”My Music”! とてもパーソナルなバスルームでのハナ歌か何かだったはず・・・。それが世に出て、”Your Music”になり”Our Music”となって弾きつがれ、歌いつがれていく。ここ”My Music”が、わたしたちのスタート地点です。』

会社概要

株式会社マイミュージック
代表取締役 寺西潔
取締役 藤村尚道
資本金 1000万
本社住所 〒107-0062東京都港区南青山3-3-10-403
Tel: 03-3479-6056 Fax: 03-3479-6058
スタジオ住所 〒107-0062東京都港区南青山2-22-14-909
Tel: 03-3479-6056

会社沿革

1998.12.18 有限会社マイミュージック設立
アーティストのCDレコーディングの制作請負業務をメインにスタ-ト。[主な取引先:BMGジャパン(現ソニー傘下)、ユニバーサルミュージック、TBS、マクセル]
2000 営業所を渋谷区神宮前から港区南青山に移転
2005 ジャスラックと信託契約し、音楽出版社として著作権管理業務を開始
2009.10 株式会社マイミュージックに社名変更
2011.1 レーベル業務開始。音源のCD発売、販売、配信をスタート
[主な取引先:ソニー・ミュージック、ユニバーサルミュージック、KADOKAWA、ADK、日音、テレビ東京ミュージック、テレビ朝日ミュージック、エイベックス、電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
チーフ・プロデューサー 寺西潔
profile:バークリー音楽大学卒。1989年BMGビクター(現ソニー/アリオラ)入社。邦楽A&R制作ディレクターとして、角松敏生、オルケスタ・デ・ラ・ルス(95年グラミー賞ノミネート)、小野リサ、スガシカオ、洋楽で、リサ・スタンスフィールド、デヴィッド・ボウイ、ブライアン・ウィルソンなどを担当。98年に退社、音楽制作会社/出版社マイミュージックを設立し現在に至る。

<2017年 年頭にあたり>

昨年は、春の加山雄三国際フォーラム「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL」に始まり、暮れのAUN J クラシック・オーケストラ シンガポール「ONE ASIA Joint Concert 2016」まで、テレビメディアを中心としたメジャーイベントに多数参画させていただき、非常に刺激の多い一年となりました。音楽出版業務の増収益についても特筆すべき年となり、新人や新曲のブレークが困難とされる昨今、微細ではありますが、旧曲の著作権使用の活況が支える業界構造の一端に触れたと言えるでしょうか。とはいえ今年は例年になく、すでに年末まで相当数のイベントが予定されており、20年の東京オリンピックへ向かう大きな景気回復の兆候をひしひしと感じています。年頭にあたり、後に語れる一つでも多くの事業、作品を残せるよう努力し続ける決意です。本年もよろしくお願いします。
元旦 マイミュージック寺西潔

<2016年 年頭にあたり>

940870_847524182012879_1891518307799236469_n

「音楽が生み出せるもの」を深く考えさせられた年末でした。昨年12月27日にBS日テレで放映された特番「ONE ASIAへの道 2015 ラオス編」~和楽器奏者たちが紡いだアジアの絆~/AUN Jクラシック・オーケストラで、同グループが育んできたアジア諸国の伝統楽器奏者らとのコラボレーションは、三回目を9カ国(インドネシア、ミャンマー、ブルネイ、タイ、マレーシア、カンボジア、ベトナム、ラオス、日本)の精鋭ミュージシャンによりラオス国立文化会館で結実させました。思い起こせば、2012年初春、文化庁文化交流使として派遣された東南アジア4カ国ツアーから帰国した直後のAUN&HIDEのメンバーと二子玉で会食した際、「どうだった?」の筆者の質問に、開口一番「キヨシちゃん、アジアはひとつやでえ!」と答えたHIDEさん。その勢いのまま制作したアルバム 「ONE ASIA(良平くんが命名)/AUN &HIDE」が、今この「ONE ASIA Project」のトータルな意味での発火点だったといえるでしょう。音楽=人ですから、人が生み出せるものということになるのですが、これほどまでの「偉業」に出会えることはまずないです。もちろん才能のあるアーティストが心血を注ぎ、凄いことをやっている現場は他にもたくさんあるでしょう。ただそこに多くのスタッフやメデイア、サポーターの力を得て、それが公の目に見える形になって、成就した業績と評されるわけで、一業界人として思いを新たにした正月を迎えました。 最後に、番組でリーダーの井上良平の、”「交流」するだけでなく「共感」し合ってこそ生み出せるもの” という言葉の重みが残っています。                        元旦 マイミュージック寺西潔

2015年元旦
昨年弊社が数々の取組みをした中で、まず冒頭に上げなければならないのは、和泉宏隆(pf)&須藤満(b)のデュオ愛称”HIROMITSU”の初アルバム「6 on 224」というヒット作に恵まれたことでしょう。あらためてこのベテランアーティストのパワーに敬意を表するものです。
そして、三度目の「ONE ASIAツアー」を大成功させて、ステイタスを何段階もアップさせた、和楽器集団AUN Jクラシック・オーケストラの、満を持してのクラシックのカバーアルバム「Octet」の発売が続きました。音楽業界としては、いくつもの大きな流れが重なり合って、束としてどこか行き場を探しているような印象に終始した感がありましたが、弊社のアクティビティの中では、常に多くの優秀な若手ミュージシャンの台頭に力づけられました。今年もさまざまなリサーチを進めて、それらを土台にしつつ「Keep Challenging」を続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いします。

2014年頭にあたり、ひとつの決意表明です。
昨年初めは、“ハイレゾ元年だ”と息まいてスタートした弊社ですが、上半期にリリースできたハイレゾコンテンツは、AUN Jクラシック・オーケストラの「八人の響き」、DuoLIBRA「A Dedication」の2タイトルのみにとどまり、まさに忸怩たる思いでした。しかし下半期にはクリプトン、OTOTOYといった高音質配信サイトの元気にも背中を押され、10月の音展(オーディオ・ホームシアター展)での各社の取組みを目の当たりにし、我が意を得たりとばかりに、AUN Jの旧作4タイトルのリリース、ピアノ連弾 Duetwo(デュエットゥ)の新作「いつもとなりに」(2014年2月発売)、DuoLIBRAのクリスマスライブのハイレゾマルチレコーディングを企画し、先駆となるべくチャンレジを行いました。これらの過程から獲たものは、数年後とはいわず明日からのハイレゾ録音のバイブルになるようなことばかりです。そして、今年はひきつづき基礎を固めつつ、ネクストステージを視野に入れて動きます。

●良質の介在者となる                               個人的には今年でディレクター歴25年となります。それにしても、超ベテランのトップアーティストや優秀なスタッフの方々を相手に、「ちょっとピッチが」とか「低音でかいなあ」とか、よくもまあ失礼なことばかり言い続けて今日まで来られたものだなと、関わらせたいただいた全ての関係者のみなさんには感謝してもしきれません。そして昨今「マイミュージックは何をやりたいの?」という声をよく耳にします。制作畑出身で、あまりこまめなセルフプロモーションに長けていない上に、あからさまな営業活動をしていないので、そういった疑問も無理のないことでしょう。あえて言わせていただくならば、設立後15年間、音源制作の現場から一度も離れたことがないので、まずは時代の変化に適応した、“優秀な音楽クリエイターを目指す”のは当然でしょうが、これと併行して、音楽発信ビジネスの“良質の介在者となる”ことを目標にしています。音楽を創作したい、創作した音楽を商品にしたい、商品にした音楽を公表したい、商品を携えて音楽活動を展開させたい、といった希望をお持ちの方々の、その場その場でのサポートです。「良質の」と言ったのは理由があります。現代のようにメディアが複雑に交錯してくると、一見ビギナーフレンドリーな仲介業者がたくさん出現して、「誰でも簡単に希望をかなえられる」とうたっていろいろな業務を仲介してくれます。たとえば、「コンテンツと手数料だけ渡せば、◯◯unesをはじめとするメジャーメディアから100%バックで配信できます・・」といった類のものですが、このようなものの中には、おそらく数年の内に淘汰されるであろうと思われる、とてもお勧めできないシステムのものもあります。レーベルや音楽出版業務に専門的に関わってきた者の一人としては、サポート内容の価値に適切な条件で、それぞれのプロジェクトをお手伝いすることに自信をもって終始します。もしも当方の説明に理解が得られない場合は、逆にご一緒させていただかないことをお勧めしているほどです。「良質の」というのは適切であることのこだわりと受け取っていただけたら幸いです。

●未来に向かって全開♪                              ここ数年、90年代に活躍されたアーティストや業界関係者からの、音楽ビジネスの現況に否定的なご意見をブログなどで頻繁に拝見します。私はその度に90’sドリームに取り憑かれていた自分のことを想起します。それから弊社にご連絡いただく起業家やミュージシャンの中の、“いまはゼロ、そして未来だけを見つめている”若者たちと比較します。そして自分はもう一度スタート地点に立ち、ビジネスを構築することにしました。諸先輩方の現代ビジネス批判は間違ってはいないし頷かされることも多いです。ただ、そのような方々には、“ゼロ”にリセットする壮快感をぜひ味わっていただきたいとも思います。それは勇気が必要なことかもしれませんが、何万人もの対象に悲観論をぶちまける気力があったら、意外と簡単なことかもしれません。

<アーカイブ>

1975年頃、雑誌「明星」?の付録の歌本に掲載されたベイシティローラーズの“Saturday Night”の楽譜を見て、ギターとメトロノームと、ラジカセ2台を駆使して宅録した経験がある。曲や演奏はともかく、その楽しさといったらなかった。そして、いつか将来、リズムやボーカル録音、ミックスといったレコーディングの全行程を自宅で自分一人でできる時代がやって来るような予感を抱いたものだった。あれから35年の月日が流れ、深夜パソコンでシーケンサーに向かっていると、たまにそのときのことを思い出して不思議な気持ちになる。

ただ現在は、自宅で完パケするだけでなく、そこから音を世界へ向けて発信し、ビジネスとして展開するところまで、可能性は突き抜けてしまった。

田舎のギター少年が、アメリカの音大で専門教育を受け、レコード会社で音楽制作やマーケティング、法務や出版業務を体得して独立し、個人が自分の音楽を世界に発信するテストケースを作るべく立ち上げたのが“My Music”。あれから今日まで、知・技・力のバランスの重要さを痛感する日々を経て、いよいよいま機は熟した。

それでは皆さま今後の弊社にご注目ください!

NAVIGATION

何をお探しですか?

音楽制作

アーティストの作品やCM音源などを中心に幅広いジャンルの音楽のプロデュースに携わっています。 続きを読む

イベント・プランニング

各種コンサート、イベント、セミナーを企画しています。 続きを読む

レーベル&著作権管理

音源コンテンツの販売、流通、配信や音楽出版業務を行なっています。 続きを読む

青山音楽塾

楽器、シーケンサー、音楽理論等のレッスンを行なっています。 続きを読む

ビデオ・クリップ/映像制作

プロモーションビデオ等の動画コンテンツを制作しています。 続きを読む