常にチャレンジしつづける音楽制作会社です!
どんな名曲も大ヒット曲も、最初は誰かの“My Music”!
ここ“My Music”がわたしたちのスタート地点です!!
プロファイル DISCOGRAPHY ENGLISH

Shibuya Park Avenue Jazz Festival ’22

<出演者の変更のお知らせ>
7日出演の本田雅人カルテットのドラムス山本真央樹さんが体調不良のため北井誉人さんに変更になりました。
急なお知らせで大変恐れ入りますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。<イベント事務局>

 

“プレステージ” (5月6日17時〜17時半)は以下のリンクから無料生配信されます。
You can watch the Pre-stage show from 5PM to 5:30PM on May 6 for free.
SHIBUYA PARK AVENUE JAZZ FESTIVAL Pre-Stage Show by ZOE
視聴ページ:Pre-Stage Show
会場MAP

会場周辺MAP

<チケット販売リンク>
配信チケット Ticket for Live Streaming
観覧チケット Ticket for Venue

コロナ・パンデミックを乗り越えて、平和と希望を世界に発信!!
渋谷パーク・アベニュー・ジャズ・フェスティバル 22 〜dedicated to Hirotaka Izumi〜
<新しい開催日程のお知らせ> YouTube
みなさまにお知らせします。
新型コロナウイルス感染対策のため二度にわたり延期となりました本イベントですが、いよいよ以下の日程で開催いたします。<シブキタ音楽祭実行委員会>
This event is rescheduled and new date is Saturday, May 7th and Sunday, 8th. The tickets for seats/ live-streamings will be available soon. Please wait for more information. Thanks.<SHIBU-KITA Music Festival Committee>

SPA_flyer2022_front

SPA_flyer2022_back (1)

5 月 6 日(金)Pre-stage show: Zoe 17:00〜 Zoe(Vo)、杉山直子(Kb)、加藤裕一(B)
5 月 7 日(土) 13 時〜18 時
1. tatsuya 13:10〜 tatsuya (Pf)、江畑コーヘー(Gt)、山田潤一(B)
2. 五十嵐アイリfeat.tatsuya 14:20〜 五十嵐アイリ(Vo)、tatsuya(Pf)、高野逸馬(B)、町田孝(Ds)
3. 吉田絵奈 15:30〜 吉田絵奈(鍵盤 Harmonica)、須藤信一郎(Pf)
4. 本田雅人Quartet 16:50〜 本田雅人(Sax) 、白井アキト(Kb)、バカボン鈴木(B)、北井誉人(Ds)
5 月 8 日(日) 13 時〜18 時
1. 米澤美玖Quintet 13:10〜 米澤美玖(Sax)、小川悦司(Gt)、岡本洋(Pf)、納浩一(B)、波多江健(Ds)
2. 太田剣Quartet 14:20〜 太田剣(Sax)、松本圭司(Pf) 、西嶋徹(B)、河村亮(Ds)、
3. PYRAMID (鳥山雄司 & 神保彰) 16:50〜 鳥山雄司(Gt)、神保彰(Ds)、須長和広(B)、加藤裕一(Mani)

May 6 (Fri) 17:00〜Pre-stage show: Zoe(Vo), Naoko Sugiyama(Kb), Yuichi Kato(B)
May 7 (Sat)
1. tatsuya 13:10〜 tastuya(Pf) , Kohei Ebata(Gt), Junichi  Yamada(B)
2. Airi Igarashi feat. tatsuya 14:20〜 Airi Igarashi(Vo) , tatsuya(Pf), Itsuma Takano(B), Takashi Machida(Ds)
3. Ena Yoshida 15:30〜 Ena Yoshida(Key Harmonica), Shinichiro Sudo(Pf)
4. Masato Honda Quartet 16:40〜 Masato Honda(Sax) , Akito Shirai(Kb), Vagabond Suzuki(B), Maoki Yamamoto(Ds)
May 8 (Sun)
1. Miku Yonezawa Quintet 13:10〜 Miku Yonezawa(Sax), Etsuji Ogawa(Gt), Hiroshi Okamoto(Pf), Koichi Osamu(B), Takeshi Hatae(Ds)
2. Ken Ota Quartet 14:20〜 Ken Ota (Sax), Keiji Matsumoto(Pf) , Toru Nishijima西嶋徹(B), Akira Kawamura(Ds)
3. PYRAMID (Yuji Toriyama & Akira Jimbo) 16:50〜 Yuji Toriyama(Gt), Akira Jimbo(Ds), Kazuhiro Sunaga(B),Yuichi Kato(Mani)

<本イベントに参加される方へのご注意>
●新型コロナ感染症対策について
イベント会場に来場される方は、マスク着用、検温、消毒にご協力ください。ご協力いただけない場合は入場をお断りする場合があります。また高熱および体調不良の場合も入場をご遠慮いただけますようお願いします。
●雨天時の対策について
本イベントは、雨天決行(荒天の場合は中止)とさせていただきます。雨天時の観覧席での傘の使用はできませんので、レインコートをご持参ください。

We are taking countermeasures against the COVID-19 pandemic so our guests can enjoy this event at ease. Please note that we will not accept guests with fevers or guests who are in poor health. We ask for your cooperation and understanding regarding the countermeasures stated below:
— Please wear a mask
— Use hand sanitizer that is located around the venue
— Cooperate with temperature screening (guests shown to have a temperature of 37.5 degrees or higher on our temperature inspection during check-in may not be allowed to get in the venue)

In case of bad weather:
— The event will not be cancelled due to rain, but may be cancelled due to wind or lightning
— Please wear a raincoat, as umbrellas are not allowed inside the venue

 

○出演者プロフィール(Please scroll down for the English translation.)
5月7日
1.tatsuya(Pf) 3歳よりピアノを始め、高校在学中にデビュー以降、ポルノグラフィティ、ももいろクローバーZ、GLAY他と共演。2015年1stアルバム「Until The End Someday」をリリース後ソロピアニストとしても活動を始め、これまでに4枚のアルバムを発表。現在はソロピアニストとして活動しながらも元東方神起J-JUN、GLAY TAKUROのバンドメンバーも務める。得意なジャンルはプログレ。
2. 五十嵐アイリ(Vo) 
北海道釧路市出身。2011年TOURSミュージカル”赤毛のアン”プリシー・アンドリュース役で舞台女優としてデビュー。 幼少期から地元北海道で、上京後都内にて舞台、ミュージカル、LIVE等に出演しながらCMソング(さっぽろJRタワーバーゲンの公式CMソング)などに携わる。東京ディズニーシーにて、ショーアクターとして3年間出演。2020年1st mini album「UPDATE」発売。
3. 吉田絵奈(鍵盤ハーモニカ) 名古屋音楽大学ピアノ専攻卒業。現在鍵盤ハーモニカ奏者の第一人者として活躍中。東京フィルハーモニー交響楽団など多数のオーケストラに客演。クラシック、タンゴなど幅広いジャンルをレパートリーとして、鍵盤ハー モニカの新たな世界を追求し 国内外で演奏活動を行っている。これまでに3枚のオリジナル・アルバムをリリース。 東日本大震災の津波で流された「被災松」で作った木製の鍵盤ハーモニカを作り「音のチカラを信じた被災地への取り組み」を行っている。現在、名古屋観光特命大使。
3. 本田雅人(Sax) 音楽教員の両親の影響で、幼少から音楽に興味を持ち、小3でサックスを始める。国立音大時代にはジャズオーケストラに所属。山野ビックバンドジャズコンテストにて初出場で初優勝し、最優秀ソリスト賞を受賞。在学中から「原信夫とシャープス&フラッツ」のリードアルト奏者を務め、1991年フュージョングループ「T-SQUARE」に加入。バンドのフロントを飾ると共に、作曲、アレンジの面でも新風を巻き起こす。1998年、T-SQUAREを退団し、ソロアーティストとして活動開始。自己 名義のバンド以外に、「Witness」、「B.B.Station」、「Four of a Kind」、「Voice Of Elements」等のプロジェクト、そしてマリーンとのコラボアルバムではビッグバンドアレンジからプロデュースまで担当するなど、その活動形態は多岐に渡っている。08年には Bob Jamesらとロサンゼルス・レコーディングを行いソロ作品を発表するなど、自己のアーティスト活動を中心にしながら、多数アーティストのセッションやレコーディング、アレンジャー、プロデュースなど多方面に渡って精力的に活動している。
5月8日
1. 米澤美玖(Sax)
北海道旭川市出身。 8歳よりテナーサックスを始め、11歳でビッグバンドに入りジャズを始める。尚美ミュージックカレッジ専門学校ソロプレイヤーズコンテスト金賞受賞。 現在、自らのリーダーライブでは青柳誠、岡本洋、岡田治郎、川口千里、則竹裕之など、国内のトップミュージシャンとの共演を重ねるほか、GLAYのTAKUROのソロプロジェクトツアーにも参加。 そのほかスタジオワーク、サポート、セッションなど多くの一流ミュージシャンとのライブ共演を行い年間の公演数は150本以上にも及ぶ。ジャズ〜ファンクを中心としつつもジャンルにとらわれない幅広い演奏活動をする今最も注目されている若手女性サックス奏者である。2018年発売の3rdアルバムは Amazon日本のジャズ部門28日間ベストセラー1位、iTunes Store Jazzのトップアルバムを記録。さらに2019年1月リリースのジャズバラードアルバム「Dawning Blue」はAmazon同チャート93日間のトップセラーを記録。2019年キングレコードより「Exotic Gravity」でメジャーデビュー。「Dawning Blue」と「Exotic Gravity」は、JAZZ JAPAN AWARD New Star部門にてAlbum Of The Yearをダブル受賞する。2022年2月最新アルバム「Blue Shadow」をリリース。現在ラジオのパーソナリティとしても活躍中。D’Addario Woodwinds日本公認アーティスト。
2. Zoe (5月6日にテスト配信時に演奏)
フィリピン出身。幼少よりシンガーとして音楽活動を開始し、ソウル、R&Bを中心に、圧倒的なパフォーマンスで、現在韓国やマレーシアなどアジアを中心に、大型フェスやTV番組等で活躍中。昨年都内のイベントで、グラミー賞ラッパー、FATMAN SCOOPと共演し話題沸騰中。
3.太田剣(Sax)
70年6月15日生まれ。愛知県の渥美半島(現・田原市)出身。中学でサックスを始め、 高校ではクラシックを演奏。雲井雅人に師事する。早稲田大学(ロシア文学専攻)に進むと同時にジャズに転向し、池田篤に師事。在学中に渡米してKenny Garrett、Vincent Herringにも師事する。1990年代よりライブ活動を始め、大坂昌彦 (ds)、TOKU(vo, flh)、小沼ようすけ(g)、Tommy Campbell(ds)、小林陽一(ds)らのバンドのメンバーとして活動。2006年、CD”Swingroove(スウィングルーヴ)”でユニバーサル・ミュージックよりメジャーデビュー。Jazzの名門『Verve(ヴァーヴ)』レーベルからCDをリリースしたサックス奏者としては、渡辺貞夫に続いて日本人2人目となる。 国内でのライブツアー以外にも、日豪ジャズミュージシャンの混合バンド『Japan- Australia Jazz Orchestra(JAJO)』でのシドニーのオペラハウス公演や、ロシア、サハリン島での『Sakhalin-Hokkaido Jazz Festival』、モスクワで開催されたロシア最大のJazz Festival『Triumph of Jazz』への自身のグループでの出演などの海外公演でも好評を博す。平賀マリカのライブツアーや安富祖貴子のCDプロデュースなど、ジャズ ボーカリストとの共演以外にも、矢沢永吉、畠山美由紀、中川翔子ら、ロック/ポップス シンガーのライブサポートや、塚越慎子(マリンバ奏者)のクラシックコンサートへの出演、『Crarion』『Audi』など車関連会社の TV-CM出演&音楽提供など、ジャンル/媒体を問わず幅広く活動している。2013年より故郷、田原市の「渥美半島ふるさと大使」に就任。新設された伊良湖岬小学校の校歌の作詞・作曲を担当している。
4.PYRAMID (鳥山雄司 & 神保彰) 慶應義塾高等学校在学中からのバンド仲間、神保彰(Ds)、和泉宏隆(Pf)、鳥山雄司 (Gt)。80年代にはそれぞれがデビューし、各自シーンの第一線で活躍する。2003年前身バンドとなる「O!kay Boys」を結成。その後バンド名を「PYRAMID」に改名した。 数多くのアーティストのプロデュースやTV番組「世界遺産」のテーマ曲で知られる鳥山雄司。CASIOPEA をはじめとする多くのバンドでドラムスを担当しニューズウィーク誌で「世界が尊敬する日本人100人」にも選出された神保彰。T-SQUAREを16年間に渡り支え、脱退後も数多くの名曲を生む和泉宏隆。その3人が集結したバンドPYRAMIDは大きな話題を集め、2005年に1stアルバム『PYRAMID』を、翌年には、2ndアルバム『TELEPATH-以心伝心-』を発売した。その後、メンバーは各々の活動で多忙を極めていたため、長らくバンドは休眠状態となってしまうが、2011年に5年ぶりとなる 3rdアルバム『PYRAMID3』を発売。2014年には鳥山雄司がレーベル「SUPER PAW」を設立し、その翌年、SUPER PAWよりPYRAMID初のベストアルバム『The Best』を発売。2018年には、4枚目のフルアルバム『PYRAMID4』をリリースした。残念ながら、2021年4月に和泉宏隆が急逝したが、神保彰、鳥山雄司の2名でバンドを継続することを発表。新しい作品のリリースと今後のライヴパフォーマンスに向けて着々と準備を進めている。

Tatsuya (piano)
Since Tatsuya’s debut as a high school student, he has played with bands such as Porno Graffiti, Momoiro Clover Z and Glay. Tatsuya started his career as a solo pianist in 2015 with the release of his first album Until The End Someday. He has released four solo albums. Currently he’s a band member for pop singers J-Jun (Tohoshinki) and Takuro (Glay). He is into progressive rock.

Airi (vocals)
Airi is from Kushiro, Hokkaido and made her debut as a stage actress in 2011 in the role of Prissy Andrews in the touring musical Anne of Green Gables. She has kept performing in musicals in Hokkaido and Tokyo, and is occasionally involved in recording vocals for television commercial songs. While she performed as an actress at Disney Sea for three years, she released her first mini-album Update. Now she regularly performs on stage around Tokyo.

Ena Yoshida (keyboard harmonica)
Ena Yoshida graduated from the piano department at Nagoya College of Music and is now established as a top keyboard harmonica player, performing with many famous orchestras including the Tokyo Philharmonic Orchestra. With her wide range of music repertoire including classical music and tango, she has expanded the world of keyboard harmonica inside and outside of Japan. She has released three original albums. Yoshida has a custom keyboard harmonica made of wood from debris of the tsunami caused by the Great East Japan earthquake of 2011, and continues to assist relief efforts in the disaster area. Now she is the Special Ambassador for Tourism of Nagoya City.

Masato Honda (saxophone)
Influenced by parents who were music teachers, Masato Honda showed interest in music and started playing the saxophone at a young age. When he was a member of the jazz orchestra at Kunitachi College of Music, the orchestra were champions at their first appearance of the Yamano Big Band Contest and Honda won Best Soloist. While still in school, he started his career as a lead alto sax player of the band Nobuo Hara and His Sharps & Flats. In 1991 he joined the top fusion group T-Square and provided some fresh air as a performer as well as compositions and arrangements. After he left the band, he focused on solo activity. He has also led successful projects such as Witness, B.B. Station, Four of a Kind, Voice Of Elements and has worked in collaboration with the singer Marlene. After a great experience recording with Bob James in Los Angeles in 2008, Honda has vigorously pursued opportunities to work as a producer as well as continuing as a solo artist.

Miku Yonezawa (saxophone)
Miku Yonezawa is from Asahikawa in Hokkaido. She won the Gold Prize for solo players at Shobi College of Music. Yonezawa plays with top-level musicians in Japan, such as Makoto Aoyagi, Hiroshi Okamoto, Jiro Okada, Senri Kawaguchi and Hiroyuki Noritake. She has also joined the band of Takuro (Glay). She plays more than 150 shows a year. Her basic music style is jazz and funk, but she enjoys playing a wide range of genres. It makes her the most highly sought-after young female sax player in Japan. Her third album kept the top ranking of jazz sales on Amazon Japan for 28 days in 2018 and placed her at the top of the jazz ranking on the iTunes Store. Her jazz ballad album Dawning Blue was the top seller for 93 days in 2019. Yonezawa made her major debut with King Records releasing her album Exotic Gravity. For those works, she won Jazz Japan Award’s New Star prize. Now she is invited to perform with Senri Kawaguchi and others at the One Young World Summit in Munich in July, 2021. Her own radio program is getting popular now. She is an official artist of D’addario Woodwinds.

Zoe (vocals)
Zoe is from the Philippines. She started her career as a singer at a very young age. Now she sings soul and R&B music. Her dynamic performances have given her opportunities to sing at major festivals and on television programs in Korea, Malaysia and all around Asia. This year she performed with the Grammy award-winning rapper Fatman Scoop in Tokyo which garnered a lot of attention.

Ken Ota (saxophone)
Ken Ota is from Tahara in Aichi prefecture. From a young age he played classical music and saxophone, studying under Masato Kumoi. After studying at the Russian Literature department of Waseda University, he turned to jazz music and studied under Atsushi Ikeda, Kenny Garrett and Vincent Herring in the United States. In the 90s, he performed with Masahiko Osaka, Toku, Yosuke Konuma, Tommy Campbell, Yoichi Kobayashi. In 2018 he made his major label debut with the prestigious jazz label Verve, following the sax legend Sadao Watanabe, and released the album Swingroove. Outside Japan he performed with the Japan-Australia Jazz Orchestra at the Sydney Opera House and he appeared with his own band at Sakhalin-Hokkaido Jazz Festival and Triumph of Jazz, which is the biggest jazz festival in Russia. As well as jazz vocalists such as Marika Hiraga and Takako Afuso, he supported rock and pop singers like Eikichi Yazawa, Miyuki Hatakeyama, Shoko Nakagawa, and the classical marimba player Noriko Tsukagoshi. Some of his music is heard on television commercials for brands Clarion and Audi. He is now the Homeland Ambassador of Atsumi peninsula in Tahara, and has written the school song of the newly established Iragomisaki Elementary School.

Pyramid (Yuji Toriyama & Akira Jimbo)
Drummer Akira Jimbo, pianist Hirotaka Izumi and guitarist Yuji Toriyama started as bandmates at the prestigious Keio Senior High School in Yokohama. They have each gone on to have successful careers in music. Jimbo was the drummer for Casiopea as well as other bands and was chosen as one of the one hundred most-respected Japanese people by Newsweek Japan. Izumi was the pianist of T-Square for sixteen years and after that continued writing many musical works. Toriyama has produced countless recordings including the theme song of the television program World Heritage.

In 2003, they formed a band together. The breadth of their experiences in the music world made this band unique and sensational. Starting off as O! kay Boys, they soon changed the name to Pyramid and released a first album Pyramid in 2005. This was followed by Telepath in 2006 and Pyramid 3 in 2011. Toriyama established a new record label called Super Paw in 2014, and released Pyramid’s compilation album The Best. In 2018, Pyramid 4 was released. The music world was shocked by the sudden passing of Izumi in 2021. Jimbo and Toriyama will continue the band in his honor, and plan to release new works and perform for fans everywhere.




NAVIGATION

何をお探しですか?

音楽制作

アーティストの作品やCM音源などを中心に幅広いジャンルの音楽のプロデュースに携わっています。 続きを読む

イベント・プランニング

各種コンサート、イベント、セミナーを企画しています。 続きを読む

レーベル&著作権管理

音源コンテンツの販売、流通、配信や音楽出版業務を行なっています。 続きを読む

ビデオ・クリップ/映像制作

プロモーションビデオ等の動画コンテンツを制作しています。 続きを読む