常にチャレンジしつづける音楽制作会社です!
どんな名曲も大ヒット曲も、最初は誰かの“My Music”!
ここ“My Music”がわたしたちのスタート地点です!!
プロファイル DISCOGRAPHY ENGLISH

HOME / プロジェクト・ニュース

ロックの学園2010、放送後の追記!

RCサクセッション当時の古い映像を見ているといろんな想い出がよみがえりました。80年ごろだったか、週刊プレイボーイで連載が始まったハードボイルド系の漫画(タイトルは忘れました)の第一話、主人公が長い海外生活から帰国し、空港に出迎えに来た仲間の車の中で、ラジオから流れてくる音楽に食いつき、「誰だ、これ?」と。そしてその仲間の口からは「さっすが・・・。RCサクセション。」とか。いわゆる“ゾク”全盛時代、RCは、できるだけ彼らに集会させないように、土曜にライブをやっていたとか。それにしても、今年の「ロックの学園」を終えて痛感したのは「彼女、教科書ひろげてるとき・・・」という“トランジスタラジオ”の歌詞の鮮烈さ。当時誰もこんな詩を書いた人はいなかったでしょう。 何かこの1行で校長は永遠の若さと反体制派闘士のポジションを築いたんだじゃないでしょうか。そして、「ずっと夢を見て幸せだったな・・・」(“デイドリーム・ビリーバー”)(久美子〈山下〉さんが08年に原宿のライブで歌ったのが忘れられないんですが)で、80年代清志郎像を完結させたような気がするのです。あくまで筆者の個人的意見ですが。そして最後に、昨年校長の葬儀(写真)に参列された方、遺影のスマイルには泣けましたね。ホントに。

でも、最後こんなオチでたいへん不謹慎ですが、あの校長の表情誰かに似てるなあって思って、後でうちに帰ってサマーズの三村と気がつきました。これ私だけ??たいへん失礼しました。それでは、『ロックの学園』、来年も「愛し合っていこうゼ〜!!」

NAVIGATION

Shibuya Park Avenue Jazz Festival 22

"Keepin' On in Corona" (コロナ下でもトライし続けよう!!) コロナで止まった音楽フェス文化の復活を全世界に渋谷から発信!! スーパー・アーティストが北谷パークに集結する2days. Please join us!!



何をお探しですか?

音楽制作

アーティストの作品やCM音源などを中心に幅広いジャンルの音楽のプロデュースに携わっています。 続きを読む

イベント・プランニング

各種コンサート、イベント、セミナーを企画しています。 続きを読む

レーベル&著作権管理

音源コンテンツの販売、流通、配信や音楽出版業務を行なっています。 続きを読む

ビデオ・クリップ/映像制作

プロモーションビデオ等の動画コンテンツを制作しています。 続きを読む

DISCOGRAPHY
ENGLISH